母と子

乾燥した赤ちゃんの肌を改善する方法を知っておこう

体に合わせて選択すること

ベビー

月齢によって買い替えます

チャイルドシートは乳幼児を車に同乗させる際に必ず設置が義務付けられているものです。新生児期から設置するため、この時期専用のチャイルドシートが販売されています。新生児の場合には体が小さく首がまだ座っていなことから、進行方向に頭を向けて設置するタイプになります。この際に、クッション性や着脱がしやすいチャイルドシートを選択することをおすすめします。体がまだしっかりとしていない新生児を狭い車内に乗せるのは大変気を遣うものです。チャイルドシートが回転するなどしてドア側に向けるタイプの方が乗せやすいです。また、体の成長や月齢にあわせて、設置方向を変えたり、簡易化させることができます。大型のチャイルドシートは狭い車内を圧迫し、荷物を乗せる場所も少なくなります。また、子供が2人、3人いる場合にはそれぞれに必要になるため、成長にあわせてコンパクト化していくとよいでしょう。体がしっかりとしてくる3歳を境に利用できるジュニアシートも販売されています。また、小学生になるとチョッキタイプのチャイルドシートもあるため、環境にあわせ買い替えるとよいでしょう。いずれの場合にしても、しっかりと正しい位置でシートベルトを付けることができることが求められます。子供は長時間のドライブの場合にはじっとしていられないものですが、この際にも抜け出ないようなチャイルドシートを利用することで、安全を確保することができるものなのです。