親子

乾燥した赤ちゃんの肌を改善する方法を知っておこう

安全な飲み物に変える方法

木

赤ちゃんは生後10ヶ月頃までは生水を飲めません。一度煮沸することでカルキを除去し、安全性を高めた上で飲ませることが大切です。また最近は、赤ちゃん専用の水が販売されているので、状況や目的に応じて利用すると便利です。

体に合わせて選択すること

ベビー

チャイルドシートは子供を同乗させる際に、設置が義務付けられているものです。子供の成長に合わせて形状が変化していきますが、いずれの場合も乗せやすさや、子供が抜け出ないアイテムを利用することが大切になります。

非常にデリケートです

親子

赤ちゃんというとつるっとしたきれいなお肌を想像するはずです。しかし実際には非常に乾燥しやすくデリケートであるというのが事実です。そのためにしっかりとケアをしてあげることが大切になってきます。赤ちゃんのお肌は乾燥をしないように常に保湿をしておく必要があります。乾燥をそのままにしてしまうと痒みがでたり荒れてしまったりします。赤ちゃんの乾燥を防ぐために非常に効果的なのがオイルや保湿クリームなどです。特にお風呂からあがったあとの赤ちゃんのお肌は非常に乾燥しています。そのためにお風呂からあがったらすぐに保湿をしてあげることが大事です。たっぷりめに全身に塗ってあげることが大事です。他にも様々な乾燥を防ぐためのグッズがあります。しかし直接肌に塗るようなものの場合には成分に注意をしておく必要があります。天然由来の成分のみが配合されているのか確認することも大切です。もちろん実際に塗るだけではなく、加湿器を使うことも有効です。こちらについてもクリーンに加湿をすることが出来る機器を購入することが大切です。特に冬場は空気が乾燥します。そういうときに寒いからといってエアコンをつけっぱなしにしておくと部屋が乾燥してしまうということになります。そういうときに加湿器で適度な湿度に保ってあげることで赤ちゃんのデリケートなお肌を守ることができます。赤ちゃんの肌をイメージ通りにつるっとしたお肌に保つためには加湿をすることが大切です。

赤ちゃんの口に合うか

哺乳瓶

哺乳瓶には大きさや形などに色々なタイプがありますが、自分の赤ちゃんに合ったものを見つけるためには、乳首に注目すると良いです。穴の大きさや乳首自体の形にも大きな差がありますので、まずは1本試し買いしてみたり、病院で使用していた物と同じタイプを使ってみることが大切です。